ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

スポンサーリンク

太る原因とは?太るクセを直し、理想の体を手に入れよう

 

f:id:rina358:20170515174234j:plain

 

日頃からスタイルに気を使っている人でも、
油断したり、年齢を重ねるにつれ、いつの
間にか体重が増えていたり、落ちにくく
なったりしますよね。
 
 
そんな時に見直したいのが、普段の生活の
中で無意識に行っている様々な
「太るクセ」なんです。

 


太る時は、一気に太るわけではなく、

日常的に行っている「クセ」が

関係しています。

 

 

体重を落ちにくくし、太る原因とも

なっている日常の「太るクセ」について

ご紹介します。

 

目次

  

太る原因となっているクセとは?

 

f:id:rina358:20170515235129j:plain

 

食事を抜く

 

食事を抜いたら食べていない分、

一時的に体重は減ります。

 

ですが、食事を抜くことで、体は

エネルギー源となる食糧が入ってこない

ことに対して強烈な危機感を覚え、

空腹をいつもより強く感じます。

 

 

体の自己防衛システムで

「これ以上エネルギー源が入って

こなければ、死んでしまうかも!」と、

次に入ってきた食べ物ををため込んで

使わないような体になってしまうので、

実際にはダイエット前より太って

しまうといういことになってしまいます。

 

 

特に 夜に近い食事であるほど栄養吸収率も

高まり、エネルギーとして消費する前に

寝てしまい、そのまま蓄えられるため、

朝食なしで夕食ありの人は太りやすく

なるんですよ。

 

 

早食い

 

f:id:rina358:20170515174302j:plain

 

 現代人はとても忙しいので、急いで

食事を済ませてしまう「早食い」

する人が多いようです。

 

 早食いは、食事をほとんど噛まずに

飲み込んでいる状態なので、胃腸に

負担をかけるので、消化も悪くなり、

太る原因となってしまいます。

 


脳が、満腹感を感じる前に次から次へと

食べてしまい、実際には十分な量を

食べていたとしても、脳にまでそれが

伝わらないので食べ過ぎてしまう

ことになります。

 

 

さらに、早食いが太る原因となる

理由は他にもあります。

 

 

それは、食事をした時の血糖値の

上がり方なんです。

 

 

食事をすると血糖値は上昇し、

上がった血糖値を下げるために

膵臓からインスリンと言う

ホルモンが分泌されます。

 

 

インスリンは血糖値を下げるために

血液の中の糖分を脂肪に変えて

体内に取り入れるように働きかけます。

 

 

この一連の流れそのものは正常な体の

反応なので、血糖値の上昇が緩やかで

あれば太る原因にはなりません。

 


普段からよく噛んでゆっくり食事を

している人はインスリンの分泌量の

バランスが保たれているので問題は

ありません。

 

 

ですが、早食いが当たり前になっている

人は血糖値の上昇が早過ぎて、

インスリンの分泌が追い付かないので

血糖値の上昇に歯止めが効かなくなるんです。

 

 

食べるスピードが早くなると食べる

量も多くなり、血糖値上昇と過食が

合わさって余計に太りやすくなって

しまうのです。 

 

睡眠不足

 

f:id:rina358:20170515174325j:plain

 

最近は、パソコンやスマホの普及で、

夜遅くまで起きていて、睡眠不足の人が

多いですが、そんな人は要注意です。

 


十分に睡眠時間がとれていないと、

食欲をコントロールするホルモンが

分泌異常を起こし、食べたい気持ちが

強くなってしまうそうです。

 

 

眠っている間に、体内では成長ホルモンが

分泌されますが、この成長ホルモンには

脂肪を分解する作用があります。

 

 

 脳の下垂体から分泌される成長ホルモンには、

疲労した筋肉を修復したり、脂肪を分解して

エネルギーを作り出す働きがありますが、

十分な睡眠を取れていないと、当然この

ホルモンの分泌が少なくなり、脂肪を

燃焼させる機能も低下してしまいます。

 

 

寝る時に豆電球など常夜灯をつける

 

f:id:rina358:20170515174336j:plain

 

夜、寝る時に豆電球など常夜灯を

つけて寝ていませんか?

 


実は、夜間に照明をつけたまま寝ると、

目から光が入ってきて熟睡できないため

肥満の原因となるんです。

 


先程、睡眠不足のところでお伝えしたように、

熟睡できないと、脂肪を分解する

成長ホルモンが分泌されにくくなり、

代謝も落ちるので太ってしまうと

いうメカニズムです。

 

 

電気をつけたまま寝ると、たとえ

小さな豆電球の明かりでも、まぶたを

通して脳に光が届いてしまい、

メラトニンという睡眠に関わっている

ホルモンの分泌量が低下し睡眠の質も

悪くしてしまうのです。

 

 

まとめると、目から光が入ることで

メラトニンの量が減るため熟睡できず、

成長ホルモンが出にくくなる。

 

 

さらに、新陳代謝が悪くなることで

中性脂肪が分解されなくなるので

太ってしまうという悪循環に

なってしまいます。

 

 まとめ

 

f:id:rina358:20170515174247j:plain

 

いかがでしたでしょうか?

 

普段、無意識に行っていたクセが太る

原因となっていたのに驚かれたかも

しれません。

 

ですが、一つでも意識して改善することで

痩せやすくなるのも確かです。

 

ぜひ、出来るところから始めてみて

下さいね。

 

 

関連記事もご覧ください。

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

 
応援して頂けると嬉しいです!

   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク