読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

睡眠を妨げる寝る前に食べてはいけない要注意な食べ物5つ!

 

f:id:rina358:20170503235131j:plain

 
基本的に就寝する前に食べ物を食べると
睡眠の質が悪くなると言われていますが、
食べるものによってはさらに寝つきを
悪くしてしまう可能性もあります。
 
 
睡眠を妨げる寝る前に食べてはいけない
要注意な食べ物5つと、気を付ける
ポイントをご紹介します。
 
 
 

睡眠不足の原因は寝る前の食べ物にもあるかも

 

f:id:rina358:20170504002957j:plain

 
睡眠不足になる原因はいろいろ考えられ
ますが、その中の1つに「食事」
挙げられます。
 
 
睡眠の質を悪くするものは、過剰な
ストレスや遺伝などが影響していますが、
他にも寝る前に食べると睡眠の質を
悪くしてしまう食べ物があるんです。
 
 

トマト 

 

実は、トマトに含まれる「チラミン」
いう成分は、脳の働きを活発にする
効果があるんです。
 
 
トマトは健康にも美容にも良いので
好んで食べる方は多いと思いますが、
遅い時間の夕食や、寝る前に過剰摂取
すると、目がさえて眠れなくなるので、
食べ過ぎと食べる時間には注意が必要です。
 

高カカオチョコレート    

 
高カカオチョコレートには血流を
促進する働きや、抗酸化作用が強いことで
知られるカカオポリフェノール
含まれています。
 
 
美容にも健康にも良い成分なのですが、
高カカオチョコレートには、コーヒー同様、
睡眠を妨げる強い作用のあるカフェイン
含まれているんです。
 
 
眠る前に多くのカフェインを摂取すると、
覚醒作用があるので寝る前に体が
興奮して眠れなくなるだけでなく、
利尿作用もあるため、寝ている間に
トイレに目が覚める原因にもなります。
 
 
チョコレート100gに含まれるカフェインの
量は、約30gと言われていまが、これは、
睡眠に影響を及ぼすと言われている量です。
 
 
寝る前のダークチョコレートや、ココアは
お休み前には気をつけて下さいね。
 
 

ドライフルーツ

 
美容やダイエットに良いと言われている
ドライフルーツですが食物繊維が多いので、
寝る前に食べるのはNGなんです。
 
 
食物繊維は、消化に時間がかかって
しまうので、胃腸が休むことができず、
睡眠の妨げになってしまいます。
 
 
ドライフルーツを食べるのは、いくら
美容に良くても寝る前は避けるのが
ベストです。 
  

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系

 
オレンジやグレープフルーツなどの
柑橘系のフルーツの香りに含まれる
リモネンという成分には、リラックス
効果があります。
 
 
ですが同時に、交感神経を刺激して
気分を高める働きもあります。
 
 
その為、気分がスッキリし過ぎてしまい、
逆に寝つきが悪くなる場合もあるんです。
 
 
また、グレープフルーツには、
ナリンギンという成分が豊富で食欲を
抑える働きがあり、さらに少し苦味の
あるもう一つの香り成分ヌートカトン
脂肪燃焼を促進すると言われています。
 
 
このヌートカトンにも自律神経の
交感神経を刺激する特徴があると
いわれています。
 
 
なので、グレープフルーツを摂取する
時間帯が遅いと寝つきの悪い原因にも
なります。
 
 
オレンジやグレープフルーツなどの
柑橘系のフルーツを摂取する場合は、
寝る前ではなく朝または昼間に
摂取するようにしましょう。
 

冷たく冷えた水           

 
睡眠中は体の水分が奪われるので、
就寝前に水分を取ること自体は
健康にはいいことです。
 
 
ですが、冷蔵庫などで冷たく冷えた水
臓器に刺激を与えるので、就寝前には
控えたほうがベターです。
 
 
喉が渇いた時など、思わず冷たい水を
一気に飲みたくなってしまいがちですが、
血管が収縮し、血行も悪くなるだけで
なく胃腸の機能も低下してしまいます。
 
 
寝る前は、特に常温の水を飲むことを
おススメします。
  
 

夕食は寝る3時間前までに済ませましょう   

 

f:id:rina358:20170504003448j:plain

寝る直前に食べ物を食べると、

眠っている間にも胃が消化運動を
していることになり、寝ている間も
働き続けることになります。
 
 
本来、体の回復に使われるべき
エネルギーが、消化に使われて
しまうので睡眠の質が下がって
しまいます
 
 
胃に入った食べ物は、覚醒時であれば
だいたい2~3時間で消化されるので、
出来れば就寝3時間前くらいまでに
食事を済ませるようにしましょう。 
 

まとめ 

 

f:id:rina358:20170504001444j:plain

細胞の修復や脂肪の燃焼を促す

成長ホルモンは、就寝後3時間に

多く分泌されるそうです。
 
 
寝る前の食べ物や飲み物には気を付けて、
しっかり上質な睡眠を摂れるように
したいですね。
 
 
関連記事もご覧ください。 

応援して頂けると嬉しいです!

   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク