ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

スポンサーリンク

赤ら顔を治す方法とは?赤ら顔の原因やオススメ化粧水ご紹介

  

f:id:rina358:20170523174742j:plain

 

赤ら顔を気にしている人多いですよね。

 

私も、寒い時とか、人前に出ると赤く

なってしまうので、小さい時から

気になっていた症状なんです。

 

ですが、この赤ら顔は原因が分かって

いるので、しっかり適切な対策を

行うことで治すことができるんですよ。

 

赤ら顔の原因や、治す方法など

ご紹介します。

 

 目次

 

赤ら顔の原因って何?

 

f:id:rina358:20170523174840j:plain

 

 「赤ら顔」の原因として考えられるのは、
「毛細血管拡張症」「酒さ(しゅさ)」
と呼ばれる2つです。

 

毛細血管拡張症

 

 「毛細血管拡張症」とは、毛細血管が
拡張してしまう症状で、この毛細血管は、
環境の変化によって血管の収縮、拡張が
行われ、常に血液量の調整を行っています。

 

皮膚は、外側から「表皮・真皮・
皮下組織」という階層になっており、
表皮の下にある真皮には、無数の
血管が張り巡らされています。

 

そこを新鮮な血液が常に流れることで、
私たちの体全体にエネルギーが
行き渡っています。


 
赤ら顔の原因は、皮膚の下にある
毛細血管が何らかの理由で滞り、
血管が肌から透けて見えるため
赤くなると考えられます。

 

赤ら顔は、特に顔の皮膚が薄くて
敏感肌の人や色白の人が症状が
出やすいのですが、寒い冬場は、
外と室内に急激な温度差があるので、
毛細血管が膨張しやすく、赤みが
増すことが多くなるようです。

 

酒さ

 

 「酒さ(しゅさ)」は、皮脂腺増殖症とも
呼ばれ、頬や鼻、眉間などの顔の中心部分が
赤くなる症状です。

 

「酒」という字が入っていますが飲酒とは
全く関係がなく、お酒を飲んで酔っ払っている
ように見えることからこのように
呼ばれているんです。
 


皮脂腺の多いTゾーンから赤味が
出始め、徐々に顔全体に広がっていきますが、
皮膚の内部にある皮脂を出す皮脂腺が
通常より異常に増えてくることによって
起こる疾患です。


 

症状が進むと肌にブツブツや凸凹が
出てくるようになり、主に中高年以降に
多くみられる現象です。

 

 赤ら顔を治すには?

 

f:id:rina358:20170524215252j:plain

乾燥を防いでしっかり保湿

 

f:id:rina358:20170524170450j:plain

 

赤ら顔にとって、肌の乾燥は大敵です。


毎日のスキンケアにおいては、
外部刺激に強い肌を作るために
保湿が欠かせません。

 

たっぷりうるおった肌なら、
同じ外部刺激を受けても、
バリア機能により緩和することが
できるんです。

 

化粧水でしっかりと「補水」して、
その上から乳液、最後に水分が
逃げないように保湿クリームで、
顔全体をしっかりうるおしましょう。

 

さらに、保湿クリームでも油分が
配合されたものや美容液オイルなどは、
水分だけでなく油分の補給も
一緒にできるのでおススメですよ。

 

漢方を取り入れる

 

f:id:rina358:20170524165803j:plain

 

赤ら顔の症状により効果的な漢方が
あります。

 

体と心を落ち着かせる効果のある漢方

 

人前に出ると緊張して顔が赤面しやすい

人や、激怒したり、興奮して顔が

赤くなる人に合った漢方です。


・滋陰降火湯(ジインコウカトウ)

・知柏地黄丸(チバクジオウガン)

・天王補心丹(テンノウホシンタン)

 

血流を促進し、血液の滞りを改善する漢方

 

 気温差で顔がほてって赤くなったり、
お酒を飲んで顔が赤くなる人は、
どろどろ血液に近い状態で、血流が
スムーズに流れず、血流に問題を
抱えている恐れがあります。


血流を促進し、血液の濁りを改善し、
顔の赤みを防ぐ漢方です。


・桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

・桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

・温経湯(ウンケイトウ

 

胃腸の働きを改善し、皮膚の炎症を抑える漢方

 

胃腸の働きが悪かったり、
消化不良が原因で発生するニキビや
肌荒れに効果的で、炎症や腫れを
とる働きもあります。


赤ら顔の原因となる炎症を改善し、
皮脂の過剰な分泌を抑える漢方です。

 

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

 

 

赤ら顔の症状を緩和する漢方は
いくつか種類があります。

 

体の中からしっかり赤ら顔を改善
したい方は、皮膚科で処方して
もらいましょう。


漢方は、皮膚科で処方してもらうと、
保険が適用されるので、医療用配合の
漢方を手に入れられますよ。

 

 

赤ら顔専用の化粧水を使う

 

f:id:rina358:20170524170804j:plain

 

赤ら顔の改善には、保湿が重要である
ことはご紹介しましたが、普段の
スキンケアで使う化粧水を、
赤ら顔専用のものにするとより
効果的ですよ。

 

赤みの原因となっている毛細血管の
拡張にダイレクトに働きかける
美容成分が含まれた化粧水が
有効です。

 

そういったことからしても、赤ら顔を
専門的にケアし、改善するために
開発された「白漢しろ彩」という
化粧水はおススメです。

 

赤ら顔の原因となる毛細血管の
拡張に高い効果を発揮する、
海洋エキスと呼ばれるプランクトンエキスが
たっぷり配合されているので、
頬や鼻、顎の赤みを軽減します。


しかも、肌の奥からしっとりうるおいますよ。

 

白漢しろ彩の公式サイトはこち>>赤ら顔をケアする【白漢しろ彩】

くわしくは、こちらもご覧くださいね。

fanblogs.jp

 

 

そして、もう一つ赤ら顔にオススメの

化粧水をご紹介します。

 

豊富な臨床経験をもとに皮膚科専門家に
よって作られた
【赤ら顔化粧水≪ビタK レッドX トナー≫】です。
 

ドクターズコスメっていうだけでも、
安心感がありますよね。
 

こちらは、赤ら顔の原因のひとつである、
血管の拡張によって滞った血液の流れを
スムーズにする『ビタミンK』が配合されて
います。
 

ビタミンKには、血栓(血管に詰まった栓)を
溶かして肌の毛細血管の血流を促し、
うっ血を解消する効果があるそうですよ。
 

毎日、化粧水を塗ることで、血液のつまりが
解消されていき、その結果赤みが改善され、
健康的なハリのある肌になっていきます。
 
 
また、このビタK レッドX トナーは、肌に
有害な成分である香料、着色料、
鉱物油、パラベン、アルコールは不使用
なので、お肌にも優しいのも嬉しい
ポイントです。
 
毎日安心してケアが出来ますね!

 

赤ら顔専用のオススメのドクターズコスメです。

  

詳細は、こちらから!

 

 まとめ

 

f:id:rina358:20170523174940j:plain


いかがでしたでしょうか。


気になる赤ら顔は、日々のケアで
改善することが可能です。


諦めずに、体の外側と内側の両方から
継続的に働きかけて、ぜひ治しましょう。

 

応援して頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク