読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

花粉症はれんこんで治る?!れんこんがスゴイ理由があるんです。

 

f:id:rina358:20170202234034j:plain


2月に入りましたね~

 

この間、年が明けたかと思ったら、
もう1カ月が経ってしましました。

 

日が経つのは、本当に早いです。

 

2月と言えば、花粉の季節の始まりの
イメージですが、また目がかゆくて、
鼻がムズムズの時期がやってきますね。

 

日本の花粉症の原因となっているのが、
スギとヒノキの花粉ですが、スギは、
1月下旬から4月まで、ヒノキは、
2月下旬から5月までが多いとされています。

 

まさに、これから飛散のピークを
迎えるわけですね。。

 

考えるだけで、ぞっ~としてしまいますね。


実は、このつら~い花粉症の症状を
和らげる、もしくは治るかもしれない?!
食材があるんですよ。


それは、れんこんなんです。

 

れんこんのその他の効果・効能については、

こちらもご覧下さい。

rina358.hatenablog.com


れんこんの花粉症に効果的なすごい成分や、
花粉症対策に優れている理由、摂取量などを
お伝えします。

 

花粉症に効くれんこんの成分

 

f:id:rina358:20170202234314j:plain

 

ポリフェノール

 

花粉症に特に効果があると言われている
成分がポリフェノールです。

 

れんこんに含まれているポリフェノール
一種であるタンニンには、「抗アレルギー性」
の成分が含まれているそうです。


ポリフェノールといえば、赤ワインや緑茶が
豊富なのですが、野菜類の中では、断トツの
含有量なんです。

 


ムチン


れんこんを切った時に糸を引く独特の
粘り成分をムチンといいます。

 

れんこんのムチンには、粘膜を保護・
修復したり、たんぱく質の吸収を
助ける作用や、花粉症によって起こる
炎症を抑える働きがあります。

 

また、つらい鼻づまり解消にも役立ちます。

れんこんが花粉症対策に効果的な理由

 

f:id:rina358:20170202234819j:plain


れんこんは、薬効に優れた食材です。


花粉症の原因を作っている「IgE抗体の
生成を抑制する働き」がれんこんには、
あるそうです。


IgE抗体が抑えられることで、かゆみ成分
であるヒスタミンが放出されないので、
花粉症の予防になります。

 

IgE抗体

免疫グロブリンEというタンパク質で、
これをつくりやすい遺伝的素因を
アレルギー体質という。

花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎
気管支ぜん息などの発病に深くかかわっている。

 

引用元:Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/IgE%E6%8A%97%E4%BD%93

 

 

花粉症に効果的なれんこんの摂取量

 

f:id:rina358:20170202235004j:plain


花粉症に効果的と言われている1日の
摂取量は、40gです。


輪切りにすると、2~3個です。


この1日40gを2週間、花粉症患者が続けた
結果、症状が緩和されたとの報告が
あるそうです。

 

ネットで「レンコンが花粉症に効く」説 医師がその真偽解説│NEWSポストセブン

引用元:ネットで「レンコンが花粉症に効く」説 医師がその真偽解説

 

 

花粉症に効果のある成分のポリフェノールは、
皮の近くに集中しているので、皮ごと食べ、
アク抜きをせずに食べるのがベストです。


また、乳酸菌と相性が良いので、ヨーグルトや
今何かと話題の甘酒と一緒に食べることで、
より効果が高まります。 


甘酒の効果・効能についてはこちらも
ご覧下さい。

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

 

まとめ

 

f:id:rina358:20170202235609j:plain


これから花粉が猛威を振るう季節の到来
ですが、れんこんに花粉症の症状を
緩和したり、改善効果があるのは、
うれしいですね。


薬ではないので、完治するものでは
ありませんが、薬のような副作用がないので、
安心して取り入れられますよね。


花粉症の予防、改善にぜひれんこん成分を
お役立て下さいね!

 


 

応援して頂けると嬉しいです♪  

  ↓


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク