読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

ピーナッツを食べて健康で長生き!栄養・効能がスゴイんです

 

f:id:rina358:20170111233434j:plain


ピーナッツって、おつまみのイメージが
強いですよね。


私は、ナッツ類が好きなので、
ピーナッツも日頃からよく食べている
のですが、本日放送されたNHKの番組
ためしてガッテンで、
ピーナッツのすごい効能について
取り上げられていました。


ためしてガッテンで放送されていた、
ピーナッツの栄養や効能、1日の摂取量を
まとめてみました。

 

ためしてガッテンで紹介された他の内容に

ついてもご覧ください。 

rina358.hatenablog.com 

rina358.hatenablog.com

ピーナッツは、血管を強くしなやかにする

 

f:id:rina358:20170111233742j:plain


アメリカのハーバード大学のウォルター・
ウィレット教授がピーナッツの研究を、
30年かけて12万人の追跡調査を
行ったそうです。

 

なんと、ピーナッツを日常的によく
食べる人は、健康で長生きをするという
研究結果があるそうです。


ピーナッツに含まれている油は、
コレステロール値を下げて、
血管を強くしなやかにするので、
心臓病や糖尿病、腎臓病などの病気を
軽減する効果が判明したんです。

 

血管に働きかけるので、死亡率が
下がるそうです。

 

ピーナッツはどうやって育つのか?


ピーナッツ栽培の専門の施設でもある、
ピーナッツ研究所では、1600種類の
ピーナッツがあるそうです。


ピーナッツは、夏に黄色い花を咲かせて
しぼんだ後、1週間くらいすると、
花の後から子房柄(しぼうへい)という
めしべの付け根の部分がのびてきます。

 

f:id:rina358:20170111233924j:plain


子房柄の先の部分が土の中に入り、
地中で落花生が育ちます。

 

f:id:rina358:20170111233946j:plain

 

空中にぶら下がるより、地中が安全なため、
子房柄の先に落花生が出来るそうです。


この子房柄が伸びるのは、ピーナッツ
だけだとか。

 

1つの子房柄から、30本の苗が育つそうです。

ピーナッツの栄養はどこにあるのか?

 

f:id:rina358:20170111234127j:plain


ピーナッツの最大の特徴は、「油」です。

 

50%が油で、ナッツの中でも断トツ
だそうです。

 

地中のミネラルが落花生の中に入り込み、
落花生の成分を油に換えていきます。


ピーナッツの油に含まれている
不飽和脂肪酸であるオレイン酸などには、
悪玉コレステロールを減らす働き
あり、健康に良い油です。


さらに、血管を作る飽和脂肪酸
パルミチン酸、血管を強くする
不飽和脂肪酸リノール酸
α-リノレイン酸のバランスが、
ナッツ類の中では、ピーナッツが
1番だそうです。


ピーナッツは、ビタミン、ミネラルが
豊富なので、ピーナッツ1粒で
健康に必要な栄養が取れてしまうそうです。

 

 

ピーナッツ以外のナッツの効果・効能に

ついてはこちらもご覧下さい。

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com

rina358.hatenablog.com 

ピーナッツの1日の摂取量

 

f:id:rina358:20170111234718j:plain


ピーナッツの1日の摂取量は、
1日約20粒(28g)です。


20粒で150kcalで、ごはんで言うと、
お茶碗半分くらいだそうです。


いくら体に良いからと言っても、やはり
食べ過ぎには注意が必要です。


お肉や炭水化物を少量ピーナッツに
置換えるのがオススメだそうです。 

まとめ

 

f:id:rina358:20170106151227j:plain

 

ピーナッツは、他のナッツに比べて、
おつまみのイメージがかなり強かった
ので、健康で長生きが出来るなんて
本当に驚きました。


でも、アメリカのハーバード大学
長年の研究に基づく結果なので、
明日から毎日20粒しっかり食べようと
思います。


2月に健康診断が待っているので、
血糖値などの数値がとても楽しみです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千葉産素煎落花生《400g》
価格:1700円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)


 

 応援して頂けると嬉しいです♪      

  ↓


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク