読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

豆苗とは?豆苗は栄養豊富で、美容、ダイエット効果がスゴイ

 

 

f:id:rina358:20161216165151j:plain


豆苗(とうみょう)をご存知ですか?

 

見た目は、カイワレ大根に似ているのですが、
スーパーなどでも手軽に手に入り、
栄養価が高いのにリーズナブルな野菜として
注目を集めています。


カイワレ大根とは違って、独特の風味が
あり、食感はシャキシャキしているので、
私も大好きで、よくお味噌汁の具材にしたり、
サラダや炒め物にして食べていますよ。


このリーズナブルに手軽に食べることが
できる豆苗の、他の野菜に比べても高い栄養、
美容効果、ダイエット効果、おすすめレシピに
ついてご紹介します。


豆苗とは?

 

f:id:rina358:20161216165135j:plain


豆苗は、えんどう豆の若い葉と茎を食べる
緑黄色野菜なんです。


豆苗は、収穫時期が限られた食材だった上に、
栄養価も高かったので、高級食材として
扱われていたそうです。


そんな高級食材とされていた豆苗も、
現在の出荷量は、この5年で5倍
増えているそうです。

 

豆苗の栄養価

 

f:id:rina358:20161216165246j:plain


豆苗の見た目は、かいわれ大根のように
ひょろひょろしているので、あまり
栄養価は高そうには見えないのですが、
実は他の野菜に比べても栄養が豊富な
優れた野菜です。


β—カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、
ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、
食物繊維たんぱく質などがバランスよく
含まれています。

 

 

β—カロテン


ブロッコリーの約6倍含まれていると

いわれているβ—カロテンは、体内で

ビタミンAに変わりますが、抗酸化作用が

あるので、老化の原因のひとつとされている

活性酸素を除去する働きがあります。

 

 

ビタミンC


ビタミンCは、ほうれん草の約2倍、小松菜の
3.5倍も含まれています。

 

風邪予防や、抗ストレス、美白効果などに
期待できます。

 


たんぱく質


豆苗は、野菜ではありますがエンドウ豆の
芽なので、豆類としてたんぱく質
多く含まれています。

 

細胞や筋肉を作るのに必要な栄養素で、
内臓や血液、骨やホルモンを作り、
細胞を修復する働きもあります。

 

豆苗の美容効果

 

f:id:rina358:20161216165607j:plain


皮膚や粘膜の新陳代謝を促す働きのある
β—カロテンは、肌のターンオーバー
正常にします。

 

ハリやうるおいを保つ働きもあるので、
乾燥肌やお肌のかさつきを防ぎます。


また、コラーゲンの生成には欠かせない
ビタミンCには、紫外線によるメラニン色素が
作られるのを防ぐ効果もあるので、しみや
そばかすをできにくくします。

 

抗酸化作用のあるビタミンEには、末梢神経を
広げて血行をよくする効果もあるので、
顔色が明るくなり、くすみに効果的です。 

 

豆苗のダイエット効果

 

f:id:rina358:20161216165223j:plain


糖質をエネルギーに変えたり、脂質の代謝を
上げてくれるビタミンB群ビタミンB1・B2・
B6・葉酸ナイアシンパントテン酸)が
含まれているので、ダイエットに効果的です。

 


ビタミンB群は、「代謝を促進するビタミン」
とも言われていて、たんぱく質や脂質や
糖質がエネルギーに換えられるのを、
助けたり促したりして、脂肪として体内に
蓄えられることを防ぐ機能があるそうです。

 


また、不溶性の食物繊維が豊富なので、
腸に体内の余分な水分を吸収し、さらに、
腸の中の老廃物を排出して、腸内細菌の
バランスを改善する働きがあります。

 


腸がきれいになることで、痩せやすい体質
作ることができます。

 

豆苗のおすすめレシピ 

 

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

まとめ

 

f:id:rina358:20161216165204j:plain

 

経済的で栄養の宝庫、美容やダイエットにも
効果的な豆苗は、いかがでしたでしょうか?


日持ちもしますし、カットした根っこを水に
つけておくだけで、1週間ほどで再収穫も
出来るので、こんな栄養のある野菜が
手軽に食べられるのはうれしいですよね!

 

ぜひ、いつもの食材のひとつに加えて

もらえたらうれしいです。

 

応援して頂けると嬉しいです♪      

  ↓


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク