ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

スポンサーリンク

キャベツのすごい栄養!ファイトケミカル効果で健康で長生き

 
 

f:id:rina358:20161018233804j:plain

  
キャベツ食べてますか?
 
キャベツってメインというよりは、
お肉などの付け合わせで食べるイメージが
強いのですが、こうみえてすごい栄養が
あるんですよ!
 
 
しかも、今日の19時からのTBSの
「この差ってなんですか?」という番組で、
『「100歳以上 元気に長生きしている人」の
食事の差』が取り上げられていたのですが、
1週間に3日以上食べている食材のランキングが
紹介されていました。
 
 
その中で、キャベツは5位にランクイン
していました。
 
 
1位の「豚肉」には及びませんでしたが、
これだけいろんな食材があふれている中でも
長生きしている人が頻繁に食べているとして、
上位に入っていたので、健康で長生きするのに
一役買っているんだなあと納得でした。
 
 
 キャベツのすごい栄養と、今、注目の
ファイトケミカル効果でより効率的に、
栄養を取り入れる方法をお伝えします。
 

キャベツとは?

 

f:id:rina358:20161018233929j:plain


キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草で、
ブロッコリーやカリフラワー等と同じ
アブラナ属になります。
 

キャベツの祖先は、青汁で有名な「ケール」
なんです。
 
 
原産地は、ヨーロッパの地中海沿岸および
大西洋沿岸地帯で、ケルト人によって、
数千年前から栽培されてきた古い歴史を持つ
野菜です。
 

キャベツは多くの西洋野菜の中でも、最も
日本の風土になじんだことで、日本の
家庭料理に溶け込み、また、季節ごとに
産地が変わるので、年に何度もおいしい旬の
時期を迎えます。
 

春から夏にかけて収穫される「春玉」という
春キャベツは、千葉県や神奈川、九州などで
採れます。
 
 
夏から秋にかけて高冷地で収穫される
「高原キャベツ」と呼ばれる夏キャベツは、
群馬県の嬬恋や長野県、北海道や東北などが
有名な産地です。
 

秋から冬(11月頃から2月頃)にかけて収穫される
「寒玉」という冬キャベツは、愛知県や千葉県
などで収穫されます。
 

季節によって産地が変わるので、1年中
おいしいキャベツを食べることが
できるんですね!
 

キャベツの栄養、効能

 

f:id:rina358:20161018234132j:plain

 
キャベツには、ビタミンC、カルシウム、
ビタミンK、ビタミンU、食物繊維が豊
富に含まれており、その他にβ-カロテンや
カリウム葉酸などが豊富に含まれています。
 
 
その中でも注目すべき栄養素を
ご紹介します。
 
 
 
◆イソチオシアネート(強いがん抑制効果)
◆ペルオキシダーゼ(発がん物質を抑制)
 

「イソチオシアネート」「ペルオキシダーゼ」
という酵素に、発ガン物質の無毒化やガン細胞を
死滅させる抗ガン作用があるということは、
最近のアメリカ政府による研究によって
明らかになってきたそうです。
 

アメリカ政府の国家プロジェクトである
「デザイナーフーズ計画」というガン予防効果の
ある食品をピラミッド形式で表したものが
ありますので、こちらもご覧ください。
 
 
キャベツは、にんにくに続くガン予防効果の
高い野菜として上位に表示されています。
 

引用元:がんのきほん
 
 

◆ビタミンU
 

胃酸の分泌を抑えて胃粘膜の保護や修復を
助ける効果があるので、胃潰瘍を予防する
ことで有名な成分です。
 

アミノ酸の一種であるビタミンUは、キャベツの
中から発見されたので、キャベジンとも
呼ばれていて、市販されている胃腸薬に
含まれていることが多い成分です。
 
 
 
◆ビタミンC
 

キャベツの葉を生で2~3枚食べることで、
1日に必要なビタミンC量の50%以上が
満たされると言われており、特にキャベツの
外側の濃い緑色の葉や、芯の近くに、
多く含まれています。
 

ビタミンCは、抗酸化作用があるので、
動脈硬化の防止、脳の老化、臓器の老化などを
防ぎます。
 

キャベツの栄養を効果的に摂取する方法

 

f:id:rina358:20161018234804j:plain

 

キャベツの栄養をより効果的に摂取する方法と
して、スープやお味噌汁に入れて食べるのが
おススメです。
 

キャベツは、スープなど煮だしたり、温める
ことで、今ちょっとした話題の
“第六の栄養素”と呼ばれている
ファイトケミカルの吸収率を高める
ことができます。
 
 
「ファイト」ギリシャ語で『植物』
「ケミカル」は『化学成分』という
意味だそうです。
 

ファイトケミカル”とは、野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つのではないかと期待され、研究が進んでいます。

なかでも注目したいのは、抗酸化力です。私たち生物は、鉄がサビることと同様、放っておくとしだいに酸化してしまいます。酸化とは物が酸素と結びつくことです。とくに酸化力の強い酸素を活性酸素といい、これを取り去ること(還元)、すなわち酸化を防ぐちからである抗酸化力は、生命を若々しく維持するちからとして注目を集めています。

 

引用元:大塚チルド食品

注目の栄養素ファイトケミカルって?|植物のパワー|知ってトクする! 植物と乳酸菌のチカラ

 

まとめ

 

f:id:rina358:20161018235238j:plain

 

キャベツのガン予防効果や、効率的に

栄養を摂りいれる方法として、

ファイトケミカルという調理法が

有効であるということが今回良く分かりました。

 

健康で長生きの一つの手段として、

キャベツを毎日の生活に積極的に取り入れて

いきたいと思います!

 

クリックして頂けると嬉しいです♪  

   ↓


人気ブログランキングへ

 

スポンサーリンク