読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

黒酢の効能、効果。健康だけでなく、ダイエット効果もあります

 

 

f:id:rina358:20161007153906j:plain

 

発酵食品が体に良いということで、
最近よく話題にもなっていますが、
その中で代表的な発酵食品のひとつ
お酢についてご紹介します。

 


私も、お酢は毎日の食生活の中では、
オイル同様になくてはならない調味料の
一つとなっていて、毎日欠かさず
食事や飲み物に入れるなどして、
取り入れるようにしています。

 


酸味が好きっていうのもありますが、
やっぱりお酢の健康成分の一つでもある、
クエン酸のおかげなのか、疲れにくい
もしくは、疲れが溜まりにくいような
気がします!

 

 

そういえば、先日テレビでも「レモン酢」
「酢しょうが」などお酢を使った健康、美容、

ダイエットに効果のある取り入れた方の特集が
放送されていましたが、注目度の高さが

うかがえます。

 

レモン酢の美白、血管若返り効果については、
こちらもご覧ください。

rina358.hatenablog.com

 

酢しょうがの血管年齢若返り効果については、
こちらもご覧ください。

rina358.hatenablog.com

 

 

お酢の効能としては、血管若返り効果が
最近では特に注目されている効能ですが、
実はダイエット効果も高いんですよ!

 


ダイエット効果については、お酢の
大手メーカーのミツカンの研究によって、
その効果が証明されていますので、
こちらもご覧くださいね。


酢の健康百科

実証されたお酢の健康効果

 

 

本当に健康からダイエットまで幅広い
効能に驚かされますが、実はお酢の中でも、
特に黒酢は栄養価も高くダイエット効果
についても、他のお酢より高いと言われて
います。

 

黒酢の効能、高いダイエット効果について
お伝えします。

 

黒酢とは

 

f:id:rina358:20161007153855j:plain


お酢は、農林水産省JAS規格に基づいて
大きく醸造酢」と「合成酢」に分けられます。

 


黒酢は、醸造に入り、うち米、小麦、玄米、
とうもろこしなどの穀物1~2種類以上を
1000ml中に40g以上使っているお酢全般を
穀物酢」といいます。

 


黒酢は、収穫された米からもみ殻だけを
取り除いた玄米を使用し、酵母や酢酸菌を
加えることなく米、麹、水をつぼに
仕込み、1~3年ほどかけて発酵・熟成
させたものです。

 

黒酢の効能・効果

 

f:id:rina358:20161007153944j:plain

 

高血圧抑制効果


黒酢に含まれているアミノ酸の一種である
「アルギニン」には、血液をさらさらにし、
血管を拡張させる働きがあります。

血液の流れが改善されることで、冷え性
改善にもなり、高血圧抑制効果も高いそうです。

 


疲労回復効果


お酢といえばクエン酸というほど、
疲労回復効果の高い成分が豊富に含まれて
いて、黒酢には特に体内に残った酸性物質を
取り除き体を正常に保つ役割をもっています。

 


クエン酸の疲労回復効果については、
こちらもご覧ください。 

rina358.hatenablog.com

  

黒酢のダイエット効果

 

f:id:rina358:20161007153932j:plain


酢酸(クエン酸


黒酢に含まれている「酢酸(さくさん)」は、
肝臓での脂肪の吸収を抑制する働きがあります。


酢酸は、体内に取り込まれるとクエン酸
変わります。


クエン酸は、摂取した栄養素をクエン酸類に
変化させながらエネルギーを作り出す、
クエン酸回路」と言われている
働きがあります。


クエン酸回路は、エネルギー効率を高め、
脂肪代謝を活性化するので、脂肪の燃焼が
促進され、体脂肪の蓄積を防ぎます。

 

 

アミノ酸


また、黒酢の代表的な成分であるアミノ酸
には、基礎代謝を上げる効果があり、
体内にたまった脂肪をエネルギーとして
燃焼する働きがあります。


さらに、体脂肪の燃焼を活発にし、体内の
老廃物を排出するので、むくみ予防にも
効果があり、痩せやすく、太りにくい体
作ることが出来ます。

 

 

黒酢のダイエットに効果的な飲み方と注意点


黒酢のダイエットに効果的な飲むタイミング
としては、食後がベストです。


食前などの空腹時に飲むと刺激が強いため、
胃に負担をかけてしまうので、食後が
おススメです。

 

また、お風呂上りなどの、体が温まっている
時に飲むと新陳代謝がよくなっているので、
より代謝が上がり効果的です。


原液ではなく、必ず水やお湯などで薄めて
飲むようにして下さい。


はちみつやレモンを絞って入れると、
味がマイルドになって飲みやすいですよ。

 


酸が強いので、黒酢を飲んでそのままに
しておくと歯の表面のエナメル質を溶かして
しまうこともあるそうですので、
口の中をすすいだり、歯磨きは忘れずに
行ってくださいね。

 


 

黒酢の1日の摂取量


黒酢の1日の摂取量は、大さじ2杯(20~30ml)
が目安です。


朝、昼、夜の食後などに、約10mlくらいずつ
分けて飲んでも良さそうです。


黒酢がどうしても苦手だったり、飲みずらい
場合は、黒酢成分が凝縮されたサプリメント
手軽に摂れておススメです。

 

まとめ

 

f:id:rina358:20161007153919j:plain

 

黒酢の健康とダイエット効果は、

お酢の中でも抜群に高いと言われて

いますので、ぜひ毎日の生活に

適量を取り入れて効果を実感して

見て下さいね!

 

クリックして頂けると嬉しいです♪  

   ↓


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク