読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

カレーのスパイスとハーブにAGE抑制効果!老化防止に期待

健康フード

 

 

f:id:rina358:20160819170215j:plain

 

カレーは、好きですか?


子供から大人まで、幅広い年齢層に
愛される国民食ですよね。


実は、みんなが大好きなこのカレーには、

老化防止効果があるそうなんです!

 


一昨日の日経新聞に、同志社大学大学院生命
医科学研究科糖化ストレス研究センターの
ある研究結果の記事を見つけました。


食品の製造や販売を手掛ける米モリンダワールド

ワイドインク社と共同で研究を進めてきたそうで、

 2015年に、複数の「スパイス」「ハーブ」
 AGEの生成を抑制する効果があることを
確認したそうです。


 
カレーには、たくさんの種類のスパイスや
ハーブが使われており、食欲をそそる香りや

味に深みを与えてくれますよね。

 

カレーを一味も、二味もランクアップさせて
くれるこの「スパイス」「ハーブ」
老化抑制効果があるそうなんです。

 

さらに、今年の7月にはオリーブの葉にも、
AGEを分解する作用がある成分が
発見されたんですよ。

 

先程から登場している私たちの
老化や健康にも深く関わっている
『AGE』について調べてみました。

 


AGEとは

 

f:id:rina358:20160819170418j:plain

 

「終末糖化産物」を略したもので、
血液中に吸収された糖分がたんぱく質
反応して出来る物質です。


AGEは、加齢とともに基礎代謝量が
落ちることで、蓄積されやすくなり、
私たち人間の老化と深く関わっている
物質の一つとも言えます。


食品、食材ではなく、調理法によって、
量が大きく変化するのが「AGE」の

特徴です。

 

魚介類よりも肉類の方がAGEが多く、

「焼く、炒める、揚げる」調理法で、

爆発的に増えると言われています。

 

逆に、お刺身、酢の物などの伝統的な

和食は「茹でる、煮る」の調理法が多い

ので、AGE量が少ないそうです。


また、体内の蓄積場所によって、
脳梗塞心筋梗塞白内障骨粗しょう症
など体に悪影響を及ぼす毒性の強い
物質です。

 

 

AGEが肌に及ぼす糖化についても

書いていますのでこちらもご覧ください!

 

rina358.hatenablog.com

 

AGEが多く含まれる食べ物

 

f:id:rina358:20160819170408j:plain

 
水分を含まず、油で高温で焼かれたもので、

動物性脂肪食品に多く含まれ、焦げ目や

揚げてきつね色になった

メイラード反応を起こしたものです。

 

焦げて茶色く焼き目がついたものは、

AGEと思っていいそうです。

 


・ステーキ
・鳥の唐揚げ
・ベーコン
・パスタ(特にカルボナーラ
・ピザ
・フライドポテト
・ケーキ
・チョコレート
・ポテトチップス


 

糖化を防ぐ抗糖化の高い食べ物

 

f:id:rina358:20160819170029j:plain

 


同志社大学大学院生命医科学研究科

糖化ストレス研究センターの研究結果で

明らかになった

 

スパイス(ブラックペッパー、ターメリック

 コリアンダーレモングラスローリエなど)

 

ハーブ(オリーブの葉、ローズマリー、バジル、

 オレガノカモミールなど)

 

実は、山椒、山葵、ミョウガもハーブの

一種で、抗糖化効果があります。

 

 

f:id:rina358:20160819170355j:plain

 

スパイス、ハーブ以外にも、野菜、果物

など食物繊維が豊富に含まれたものに、

糖化を防ぐ作用があります。

 

・生姜
・りんご
・キャベツ
・ブルーベリー
・シナモン
・柑橘系の果物(グレープフルーツ、レモン)

・脂肪分の少ない乳製品

 

AGEを溜めにくくする食事の方法

 

f:id:rina358:20160819170203j:plain

 


①野菜や海藻類など食物繊維
 含んだものから先に食べる。


食物繊維を含んだものから先に食べることで、
血糖値の急激な上昇を抑え、糖の吸収が
穏やかになります。

 

血糖値を高める最大の食べ物は炭水化物だと
言われているので、野菜などから先に食べる

ことで、ご飯やお肉の量も減らすことが

できます。

 


②食事はよく咀嚼して、食べ過ぎない

 

よく噛まずに早食いしてしまうと、急激に

血糖値を上げることになり、食べ過ぎの

原因にもなります。

 

食べ過ぎは、過剰な体内血糖を溜める

要因ともなりAGEが作られやすい状態と

なってしまう為、食事は腹八分を

心がけ、ゆっくり食べるように

してください。

  

まとめ

 

f:id:rina358:20160819170132j:plain

 

体に老化現象を及ぼす原因として「酸化」

よりも危険視されている『AGE』

 

食生活を見直し、スパイスハーブの力を借りて、

いつまでも健康で若々しい体でいたいですよね!

 

 

冒頭でお伝えした日経新聞に掲載されていた

同志社大学大学院の研究をもとに開発された

『AGE』抑制効果のあるスパイスをブレンドした

老化防止カレーが、新宿の

 タヒチアンノニ カフェ」で食べられますよ!

 

お近くの方は、ぜひ行かれてみて下さいね!

 

 

タヒチアンノニ カフェ」が9月30日(金)まで、

「夏野菜のAGEレス スパイスカレー」(950円)を

期間限定で発売。

 

 

タヒチアンノニ カフェ>

『夏野菜のAGEレス スパイスカレー』(9月末まで)

営業:11:00~19:00(月~土・祝)/11:00~18:30(日)

場所:新宿区西新宿3-2-2

TEL:03-4330-8639

公式サイト: http://tncafe.jp/

 

※「AGEレス スパイス」の販売もあります 

 

クリックして頂けると嬉しいです♪  

   ↓


人気ブログランキングへ