ダイエット&美容情報で美活♪

綺麗になるためのヒントをお伝えします!

スポンサーリンク

腸内フローラとは?腸内環境を整える善玉菌を増やす食べ物

 

f:id:rina358:20160629171853p:plain

 

『腸内フローラ』という言葉をご存知ですか?

最近よく耳にするようになりましたよね。


この腸内フローラとはいったいなんでしょう??

気になったので、今更なのですが、
ちょっと調べてみました(^^;;

腸内フローラにとは

 

f:id:rina358:20160629194247j:plain


腸内には、数百種類600兆個以上の
様々な細菌が、小腸から大腸にかけて
種類ごとにグループを形成してまとまり、
腸の壁面にすんでいます。


顕微鏡で腸内を覗いてみると、腸内細菌が
お花畑のようにびっしり敷き詰められて
いるように見えることから『腸内フローラ』
と呼ばれるようになったそうです。


腸内フローラを形成する細菌の種類


腸内フローラを形成する細菌は次の
3つのタイプに分類されます。


1、善玉菌
(大腸に良い働きをする腸内細菌)

2、悪玉菌
(大腸に悪い働きをする腸内細菌)

3、日和見菌【ひよりみきん】
(善玉でも悪玉でもなく勢力の強い側に
加勢する菌)

 

f:id:rina358:20160629194554j:plain


この3つの菌の理想の比率は、

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7

と言われています。

 
善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類される
腸内細菌の種類とバランスは人それぞれ
異なり、年齢や免疫遺伝子、精神状態、
食生活などの影響を受け変化します。

                      
腸が原因とされる病気が、脳から心臓、
関節までとあらゆる部位に及ぶとされて
いるのは腸内細菌の働きがあるからだ
そうです。


腸内フローラのバランスを崩すと、
万病を引き起こすとも言われており、
腸を健全にすれば病気を予防し、
健康になるので、寿命さえも
左右とすると言われています。   
     



善玉菌を増やす「ビフィズス菌」の働き


腸内フローラのバランスを整え、
改善するには、善玉菌を増やすことが
重要です。


善玉菌の中でも代表的なものが、
ビフィズス菌です。

ビフィズス菌」がどれだけ腸内に
いるかによって健康も左右されます。


このビフィズス菌の主な働きは、

①免疫力を高める。

②腸内を掃除する。

③血中のコレステロール値を下げる。

④病原菌の感染を防ぐ。

⑤便秘や下痢を防ぐ。





生きた菌を含んだ食べ物


ビフィズス菌や乳酸菌、発酵食品などの
生きた菌を含んだ食べ物

 

f:id:rina358:20160629193936j:plain


ヨーグルト、キムチ、納豆や味噌、漬物
などの発酵食品は、腸内に元々棲んでいる
善玉菌を活性化させてくれ、腸内環境を
良い状態に保ってくれます。


オリゴ糖類を含む食べ物

f:id:rina358:20160629193955j:plain


オリゴ糖は、大豆やゴボウ、玉ねぎ、
はちみつ、きなこ、バナナなどにも
含まれる小糖類でビフィズス菌
増やすえさになります。


食物繊維を含む食べ物

f:id:rina358:20160629194025j:plain


豆類、イモ類、穀類、野菜、海藻、果物に、
豊富に食物繊維が含まれており、大腸まで、
消化、吸収されないので、腸内のクリーニングを
する働きがあります。  

   

 

まとめ


このように『腸内フローラ』は、

寿命さえも左右し、健康を保つ上で

とても重要な働きをしていることが

分かりました。


腸内フローラをベストな状態に保つには、
食事からバランスよく摂取するのが
一番ですが、忙しい場合は、
サプリメントで補うことも可能です。


食事とサプリメントを上手に併用して、
健康で若々しい体を保っていきたいですね!


f:id:rina358:20160629194133j:plain


クリックして頂けると嬉しいです♪
  ↓


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク